韓国エステの垢すり&泥パックエステはオススメです。

 

韓国と言えば垢すりが有名ですが、私は垢すりと泥パックがセットになったコースを体験しました。

 

まず裸になり髪の毛をまとめます。
日本の銭湯のような感じです。体をシャワーで軽く流し、サウナに入ります。
サウナは暑さの種類があって、まず普通の暑さのサウナに入りその後お風呂につかります。
その次に汗蒸幕という高温のサウナに入り、更に汗を流します。

 

サウナに入った後は、お水も用意されているので水分をよくとります。
体が温まって垢もとれやすい状態になると、垢すりベットの上にうつぶせに寝かされます。
ビキニ姿のおばさんが両手に垢すりミトンをはめてリズミカルに体をこすり始めます。
背中から腕、太もも、足とこすり、全部こするとお湯で垢を流します。
それから上向きに寝かされ、また同じようにこすっていきます。
自分でもビックリするくらい垢がこすってもこすっても出てきます。

 

きれいに垢をこすりきってもらったら、次は泥パックエステです。

 

おばさんが全身に刷毛で泥を塗ってくれます。
足を塗る時は足を大の字に開けて立ちます。少し恥ずかしいですが、みんなしているので気になりません。

 

後泥の入ったボールを渡され、顔を自分で塗るよう促されます。
目と唇以外自分で鏡を見ながら塗り、それから乾燥室にはいって泥を乾かします。
しっとりとしていた泥がパリパリと乾燥してきます。
乾燥するとシャワーで洗い流し完了です。
体を温めきれいに垢を取りつくした後に泥パックをするので肌はしっとりスベスベになります。